なでるとリアルに鳴く「ハチ公」縫いぐるみ 生誕100年記念モデル登場

  • 2022-10-20
  • 2022-10-20
  • NEWS
  • 158view

 なでると秋田犬のリアルな鳴き声が―。玩具などの製造・販売を手掛けるトレンドマスター(川崎市、中田敦社長)は、来年の忠犬ハチ公生誕100年を記念して、縫いぐるみ「なでなでワンちゃん」のハチ公モデルを発売する。

なでると鳴き声を出す「なでなでワンちゃん」

 縫いぐるみの内部にスマートフォンにも使われているセンサーを配置。頭、おなかや背中に触れると録音した本物の犬の鳴き声が再生される。尻尾に触れると嫌がるような声を出す。呼びかけると「ワン」と返事したり、遠ぼえしたりすることもある。中田社長は「住宅事情や高齢などでペットを飼えないという人でも、秋田犬に癒やされる気分を味わってもらいたい」と話している。

忠犬ハチ公生誕100年を記念したワッペンが背中に付く

 12月上旬に発売するのは子犬時代のハチ公をイメージした縫いぐるみで9878円。負傷の影響で左耳が垂れている後年のハチ公をモデルにしたものも登場する予定。ハリカ大館店などで販売する。

>わんこがつなぐ世界と秋田

わんこがつなぐ世界と秋田

モフモフした毛並みに、つぶらな瞳、くるりと丸まった愛らしいしっぽ。たくましい身体を持ち、飼い主に忠実な性格でも知られる秋田犬は、今や世界中の人気者です。海外での飼育頭数は増え続け、本場の秋田では観光振興に生かそうという動きも活発化してきました。秋田魁新報は「秋田犬新聞」と題し、国内外のさまざまな情報を発信していきます。秋田犬を通して世界と秋田をつなぐ―。そんなメディアを目指していきます。

CTR IMG