秋田名物が合体!? 世界平和祈願 鹿角八坂神社「きりわんぽ」

  • 2022-08-19
  • 2022-08-19
  • NEWS
  • 128view

 秋田犬ときりたんぽが合体!? 鹿角八坂神社(鹿角市八幡平)の境内にある「きりわんぽ」と名付けられた石像がSNSなどで話題となっている。

鹿角八坂神社の境内に設置されている「きりわんぽ」

 きりわんぽ像は高さ約70センチ、幅約30センチ。きりたんぽのような細長い胴体を持つ秋田犬が直立している。今年5月から境内に設置されている。

秋田犬らしく尻尾も丸まっている

 デザインしたのは同神社の禰宜(ねぎ)・晴澤昭比古さん(34)。「新型コロナウイルスの拡大やロシアのウクライナ侵攻など、数年前では考えられないことが起きている中、世界平和を祈願する石像を造りたいと思った」と話す。

 多くの人に愛されるよう、ゆるキャラのようなデザインにしたという。石像に納められたさい銭は、日本ユニセフ協会へ寄付する。

こま犬の代わりに招き猫が置かれている
きりわんぽ以外にもユニークな秋田犬の石像が設置されている

 境内には、きりわんぽ像だけでなく、こま犬の代わりに招き猫を設置するなど、かわいらしいデザインの犬や猫の像が多数並ぶ。きっかけは、昭比古さんと父で宮司の則比古さん(66)が交わした何げない会話だった。「さまざまな願いを持つ人を受け入れる場所に、こま犬のような結界を張る物を置くのはちょっと変じゃないか」―。

 昭比古さんは石像だけでなく、秋田犬や猫がモチーフの御朱印などを次々とデザインしている。

犬や猫がモチーフのかわいらしいデザインの御朱印も多数取りそろえている

 「参拝者から『彼氏ができました』『結婚しました』といった報告を多くいただいている。石像や御朱印の写真をSNSで取り上げてくれる人も多い」と則比古さん。「これからも多くの人に楽しみながら参拝してもらいたい」と二人は口をそろえている。

>わんこがつなぐ世界と秋田

わんこがつなぐ世界と秋田

モフモフした毛並みに、つぶらな瞳、くるりと丸まった愛らしいしっぽ。たくましい身体を持ち、飼い主に忠実な性格でも知られる秋田犬は、今や世界中の人気者です。海外での飼育頭数は増え続け、本場の秋田では観光振興に生かそうという動きも活発化してきました。秋田魁新報は「秋田犬新聞」と題し、国内外のさまざまな情報を発信していきます。秋田犬を通して世界と秋田をつなぐ―。そんなメディアを目指していきます。

CTR IMG