大きな目の秋田犬「ロイ」 高校生が縫いぐるみの名前考案

  • 2020-07-13
  • 2020-07-13
  • NEWS
  • 86view

 土産品として人気の秋田犬の縫いぐるみに新たな仲間が登場した。大きな目が特徴の「ロイ」。大館市内の観光施設などで販売されている。

 米国の縫いぐるみ製造大手の日本総代理店が手掛けた。同社の縫いぐるみは、誕生日や名前の由来といったストーリーがある。ロイのストーリーは、大館国際情報学院高校3年の三政乃愛(みまさ・のあ)さんが考え、採用された=写真。

 ロイは忠犬ハチ公への敬意を示し、ハチ公と同じ11月10日生まれ。「忠実」を示す英語「loyal(ロイヤル)」が名前の由来となっている。

 価格は900円(税別)。売り上げの2%が秋田犬保存会に寄付される。三政さんは「地域のために何かしたいという気持ちが形になり、うれしい」と話した。

>わんこがつなぐ世界と秋田

わんこがつなぐ世界と秋田

モフモフした毛並みに、つぶらな瞳、くるりと丸まった愛らしいしっぽ。たくましい身体を持ち、飼い主に忠実な性格でも知られる秋田犬は、今や世界中の人気者です。海外での飼育頭数は増え続け、本場の秋田では観光振興に生かそうという動きも活発化してきました。秋田魁新報は「秋田犬新聞」と題し、国内外のさまざまな情報を発信していきます。秋田犬を通して世界と秋田をつなぐ―。そんなメディアを目指していきます。

CTR IMG