「リカーショップたかはし」看板犬・梅子、2回目の出産 子犬すくすく成長中!【動画】

  • 2024-02-13
  • 2024-02-16
  • NEWS
  • 8783view

 「レジ打ちをする犬」として話題になった秋田県小坂町にある酒販店「リカーショップたかはし」の看板犬・梅子(3歳、雌)が先月4日、2回目の出産をした。生まれた3匹はすくすく成長中。今月下旬ごろから店内にも顔を出す予定だ。

梅子の子ども。虎毛の雄

 飼い主の高橋延枝さん(58)によると、1月4日は夫・盛喜さん(54)が消防出初め式に出る用事があったため、事前に「この日だけは忙しいからやめてね」と話していたという。実際には、まさにその日午前8時ごろから出産が始まった。

梅子の子ども。白毛の雌

 前回の出産(2022年2月)は、梅子の出身犬舎のブリーダーに手伝ってもらったが、今回は延枝さんと長女、近所に住む梅子ファンの女性の3人で取り上げた。約3時間で4匹が産まれ、1匹は生後数日で死んでしまった。

梅子の子ども。虎毛の雌

 残った3匹は元気に毎日を過ごしている。おもちゃを奪い合ったり、子犬たちよりもはるかに大きい梅子の弟・白岳(1歳、雄)に臆せず近づいたり。梅子のお母さんぶりも板についている。

授乳する梅子

 延枝さんは「梅子は小さな体でよく頑張った。子犬たちには病気をせず、人懐っこい性格に育ってほしい」と話した。

>わんこがつなぐ世界と秋田

わんこがつなぐ世界と秋田

モフモフした毛並みに、つぶらな瞳、くるりと丸まった愛らしいしっぽ。たくましい身体を持ち、飼い主に忠実な性格でも知られる秋田犬は、今や世界中の人気者です。海外での飼育頭数は増え続け、本場の秋田では観光振興に生かそうという動きも活発化してきました。秋田魁新報は「秋田犬新聞」と題し、国内外のさまざまな情報を発信していきます。秋田犬を通して世界と秋田をつなぐ―。そんなメディアを目指していきます。

CTR IMG