潜入!もふもふたちの朝ご飯③ ミルク飲んで強くなる

  • 2021-09-10
  • 2021-09-11
  • NEWS
  • 172view

 秋田県能代市の秋田犬専門犬舎「能代幸寿荘」で、6~8月に生まれた子犬たちがすくすくと元気に育っています。9月上旬、今しか見られないサイズの〝もふもふ〟たちの朝ご飯タイムに潜入してきました。おいしそうに全力で食べる姿に頬が緩みっぱなしです。5回続きの③。(取材・藤岡真希)

すやすや眠る子犬。守りたい、この寝顔

 犬舎の犬たちがドッグフードを食べ終えた後、子犬たちは第2ラウンド「ミルクタイム」に突入します。母乳は子犬たちにとって、さまざまな病気に負けない免疫をつけるために大事なご飯です。

 こちらはなんと8月12日生まれで、まだ生後1か月に満たない7匹。縫いぐるみではありません、本物です。基本的にすやすやと眠っています。見ていて飽きないので、ずっと観察していると、たまに「くかー」と口を大きく開けてあくびをする姿が見られます。ああ、守りたい、この寝顔…。

重なり合うようにして眠る子犬たち

 ただ、ミルクタイムとなれば話は別。そろそろかな?という時間になると、我先にと一斉に母親の腹に潜り込みます。ケージのそばで耳を立てると「ごきゅごきゅ」と勢いよく飲む音も聞こえます。中にはひっくり返っても場所を譲らない強者も。こんなに小さくても生命力は〝犬一倍〟!

お待ちかねのミルクタイム。入り乱れる子犬たち

 今年の暑さが原因なのか、「母乳の出が悪い」と本瀬代表。同じ日に生まれても、たくさん飲めた子とあまり飲めなかった子では、徐々に体格に差が出てくるそうです。そんな時は、たくさん飲んだ子が寝ている間に、あまり飲めなかった子に飲ませるなどの補助をしてあげていました。

白い子犬はアクロバティックな姿で飲んでいました

 能代幸寿荘では、秋田犬との触れ合いや、散歩体験を随時実施しています。問い合わせは能代幸寿荘・本瀬代表☎090・2020・1486。※新型コロナウイルスの感染拡大を受け、申し込み者の居住地や能代幸寿荘までの経由地によっては受け入れが難しい場合があります

潜入!もふもふたちの朝ご飯シリーズ

>わんこがつなぐ世界と秋田

わんこがつなぐ世界と秋田

モフモフした毛並みに、つぶらな瞳、くるりと丸まった愛らしいしっぽ。たくましい身体を持ち、飼い主に忠実な性格でも知られる秋田犬は、今や世界中の人気者です。海外での飼育頭数は増え続け、本場の秋田では観光振興に生かそうという動きも活発化してきました。秋田魁新報は「秋田犬新聞」と題し、国内外のさまざまな情報を発信していきます。秋田犬を通して世界と秋田をつなぐ―。そんなメディアを目指していきます。

CTR IMG