ハチ公の生涯を英語の絵本に 秋田犬と大館を世界に発信

  • 2021-02-10
  • 2021-02-10
  • NEWS
  • 96view

 秋田県大館市で生まれた忠犬ハチ公を題材にした英語の絵本「HACHI―ハチ―」が、ハチ公の命日である3月8日に発刊される。元農林水産省食料産業局長で市地方創生特別顧問の櫻庭英悦さん(潟上市出身)が、大館と秋田犬を世界に発信しようと制作した。市役所で9日、制作発表会が開かれた。

忠犬ハチ公を題材にした絵本「HACHI―ハチ―」

 史実を基に、櫻庭さんが日本の中学生が習う程度の英語で執筆。日本語の文も添えた。絵は県産品のパッケージデザインなどを手掛けるノリット・ジャポン(秋田市)に依頼。櫻庭さんと交流のある日本食糧新聞社(東京)から、3千部を自費出版する。

 櫻庭さんは都内からリモートで制作発表会に出席。「JR渋谷駅に銅像の建つハチ公の生涯や古里を、海外に分かりやすく紹介したいと思った」と語った。作中では四季を鮮やかに表現した点などを工夫したという。

 絵本はA4判、32ページ。1980円。同市など県北4市町村でつくる地域連携DMO・秋田犬ツーリズムのサイトなどを通じ販売する予定。

大館市役所で開かれた絵本の制作発表会

 ハチ公は1923年11月に生まれ、35年3月8日に死んだ。生後間もなく東京の飼い主の元へ送られ、飼い主の死後も渋谷駅で帰りを待つ姿が話題となった。ハチ公の生涯が基となった作品は2009年公開の米映画「HACHI 約束の犬」などがある。

>わんこがつなぐ世界と秋田

わんこがつなぐ世界と秋田

モフモフした毛並みに、つぶらな瞳、くるりと丸まった愛らしいしっぽ。たくましい身体を持ち、飼い主に忠実な性格でも知られる秋田犬は、今や世界中の人気者です。海外での飼育頭数は増え続け、本場の秋田では観光振興に生かそうという動きも活発化してきました。秋田魁新報は「秋田犬新聞」と題し、国内外のさまざまな情報を発信していきます。秋田犬を通して世界と秋田をつなぐ―。そんなメディアを目指していきます。

CTR IMG