“看板娘”は秋田犬の高橋梅子

  • 2021-05-01
  • 2021-05-01
  • NEWS
  • 450view

 秋田県小坂町の酒店「リカーショップ・たかはし」で“看板娘”として活躍する秋田犬の梅子(雌、9カ月)が人気だ。

 飼い主の高橋延枝さん(56)が、梅子が後ろ脚で立ち、レジに置かれた電卓を取ろうとする動画をツイッターに投稿したところ「かわいい店員さん」と反響を呼んだ。

 梅子に会いたいと訪れる人が増えたため、高橋さんは梅子の名刺を作製。店の場所が分からない人のために、近くの飲食店やガソリンスタンドに置いてもらっている。

 名刺の肩書は「販売促進部レジ係」。梅子にレジ対応をしてもらいたいというツイッターの書き込みに、高橋さんはユーモアたっぷりにこう返している。

 「何回も連打するから、とんでもない金額になります」

>わんこがつなぐ世界と秋田

わんこがつなぐ世界と秋田

モフモフした毛並みに、つぶらな瞳、くるりと丸まった愛らしいしっぽ。たくましい身体を持ち、飼い主に忠実な性格でも知られる秋田犬は、今や世界中の人気者です。海外での飼育頭数は増え続け、本場の秋田では観光振興に生かそうという動きも活発化してきました。秋田魁新報は「秋田犬新聞」と題し、国内外のさまざまな情報を発信していきます。秋田犬を通して世界と秋田をつなぐ―。そんなメディアを目指していきます。

CTR IMG