特殊詐欺メールなんて無死だワン! 電子マネー購入者に秋田犬が喝

  • 2021-01-15
  • 2021-01-20
  • NEWS
  • 88view

 こんなメールは詐欺、無視だワン―。県と県警は、電子マネー購入者向けに、秋田犬の写真をあしらった封筒を作成、特殊詐欺防止を呼び掛けている。

 封筒はA6サイズ。2018年度から3年間で約60万枚を作成、各警察署を通して県内のコンビニエンスストアなどに届け、電子マネー購入者に配布するよう依頼している。

 封筒に登場する秋田犬は、秋田犬保存会(大館市)で看板犬として活躍していた「ゆき」。「その電子マネー、何に使うの?」といったメッセージや、特殊詐欺の電話でよく使われる文言、相談窓口などについて記載している。利用者にすぐに捨てられてしまわないよう、かわいらしい秋田犬の写真を使用したという。

 県警生活安全企画課は、「電話口で電子マネーを購入するよう働き掛けてきたら、まず特殊詐欺だと思って間違いない。相手のペースに乗せられないようすぐ電話を切り、警察に相談してほしい」と話している。

>わんこがつなぐ世界と秋田

わんこがつなぐ世界と秋田

モフモフした毛並みに、つぶらな瞳、くるりと丸まった愛らしいしっぽ。たくましい身体を持ち、飼い主に忠実な性格でも知られる秋田犬は、今や世界中の人気者です。海外での飼育頭数は増え続け、本場の秋田では観光振興に生かそうという動きも活発化してきました。秋田魁新報は「秋田犬新聞」と題し、国内外のさまざまな情報を発信していきます。秋田犬を通して世界と秋田をつなぐ―。そんなメディアを目指していきます。

CTR IMG