我ら奥羽特急便! トラックに「銀牙伝説」の犬たち描く

  • 2021-02-19
  • 2021-02-19
  • NEWS
  • 2429view

 

 漫画「銀牙伝説WEED(ウィード)」に登場する勇ましい犬たちが描かれたトラック=写真=が話題になっている。秋田県湯沢市の羽後運輸(大山信太郎社長)が3台所有し、県南から関東方面への青果物輸送などで活躍している。

 「銀牙伝説」は、大ヒット作「銀牙―流れ星 銀―」の続編で、秋田犬の父親・銀から犬の集団「奥羽軍」の総大将の座を引き継いだウィードが主人公。作者の高橋よしひろさん(東成瀬村出身)が、大山社長(57)の妻・寿恵さん(51)の叔父であることが縁で、トラックのデザインを申し出た。

 3台の絵柄はそれぞれ異なり、背景には鳥海山の夕焼け、雪山、緑の森林が描かれている。「奥羽軍」にちなみ「我ら奥羽特急便!」の文字も躍る。

背景が雪山のタイプもある

 関東へ荷物を運ぶドライバーたちは道中、子どもたちから手を振ってもらったり、写真を撮るファンに出会ったりしているという。こうした注目度の高さに、大山社長は「ドライバー不足が深刻な運輸業界のPRになればうれしい」と期待を寄せている。

反対側にも文字とイラストが入っている

>わんこがつなぐ世界と秋田

わんこがつなぐ世界と秋田

モフモフした毛並みに、つぶらな瞳、くるりと丸まった愛らしいしっぽ。たくましい身体を持ち、飼い主に忠実な性格でも知られる秋田犬は、今や世界中の人気者です。海外での飼育頭数は増え続け、本場の秋田では観光振興に生かそうという動きも活発化してきました。秋田魁新報は「秋田犬新聞」と題し、国内外のさまざまな情報を発信していきます。秋田犬を通して世界と秋田をつなぐ―。そんなメディアを目指していきます。

CTR IMG