「だいちゃん」が仲間と悪に立ち向かう! CNA制作アニメ、シーズン2突入

  • 2021-04-16
  • 2021-04-15
  • NEWS
  • 98view

人間に対しては恥ずかしがりで「へたれ」だが、他の犬に対しては兄貴肌なところを見せることもある秋田犬「だいちゃん」が、仲間の犬たちと悪に立ち向かう!

秋田テーブルテレビ(CNA)が制作するアニメ「秋田犬たれみみだいちゃん」の新シリーズが4月からスタートした。

だいちゃんは、2頭身で大きなしっぽを持つ赤毛の秋田犬。普段は片方の耳がたれているが、やる気が出るとピンと立つのが特徴。

アニメは昨年7月にスタートし、これまでに34話が公開された。竿燈まつりや西馬音内盆踊りなど県内の祭りや名物がふんだんに登場する中、だいちゃんが周囲に“緩い”笑いを振りまいてきた。

「シーズン2」の舞台は、犬たちが楽しく暮らす架空の島「犬だ島」。島が悪者に乗っ取られ、荒らされていく中、だいちゃんは仲間の犬たちと共に悪者に挑むという冒険物語だ。

アニメには、秋田犬に限らずさまざまな犬種が登場するが、中でも注目なのは、CNAが募集している「友達100人プロジェクト」に登録されている全国各地の秋田犬をモチーフにしたキャラクター。CNAの担当者は「だいちゃんを中心とした秋田犬たちの活躍ぶりと、現時点では謎に包まれている『悪者』の正体に注目してほしい」と話している。

アニメは1話1分程度。ウェブサイト「秋田犬たれみみだいちゃん」で無料で閲覧できる。毎週金曜日午後3時ごろに最新話を公開、16日には第3話が登場する予定だ。

>わんこがつなぐ世界と秋田

わんこがつなぐ世界と秋田

モフモフした毛並みに、つぶらな瞳、くるりと丸まった愛らしいしっぽ。たくましい身体を持ち、飼い主に忠実な性格でも知られる秋田犬は、今や世界中の人気者です。海外での飼育頭数は増え続け、本場の秋田では観光振興に生かそうという動きも活発化してきました。秋田魁新報は「秋田犬新聞」と題し、国内外のさまざまな情報を発信していきます。秋田犬を通して世界と秋田をつなぐ―。そんなメディアを目指していきます。

CTR IMG