長毛秋田犬と一緒にピアノ演奏を楽しんで、25日に北秋田市でイベント

  • 2020-10-09
  • 2020-10-10
  • NEWS
  • 712view

 長毛秋田犬と交流しながらピアノ演奏を楽しんでもらおうというイベントが25日正午から、北秋田市桂瀬の「森のテラス」で開かれる。

イベントのチラシ

 イベントを“主催”するのは長毛秋田犬の「小次郎」と「わび助」。小次郎は、昨年8月に青森県鰺ケ沢町で開かれた「第5回秋田犬長毛犬わさお大賞コンテスト」で優勝した。

 小次郎の飼い主である河野海(つよし)さん(大阪府泉大津市)は近い将来、家族とともに秋田犬の本場である本県に移住し、長毛秋田犬の魅力を多くの人に知ってもらおうと考えている。その足がかりとして、知人でわび助の飼い主である相馬ゆかりさん(大仙市)とともに今回のイベントを企画した。

小次郎(左)とわび助

 ピアノを演奏するのは、河野さんの知人で大阪市在住の心理ピアニスト・ナカイマサシさん。ナカイさんは大阪音大卒。うつ病で苦しんでいた時に心理療法を知ったことをきっかけに、ピアノ演奏で人々の心を癒やす「ピアノセラピー」を行うようになった。当日はディズニー音楽やノクターン第2番(ショパン)などを演奏する。

 相馬さんは「同じ秋田犬でありながら偏見を受けがちな長毛秋田犬は、ピアニストとしては異端なナカイさんと相通じるものがある。今回のイベントで長毛とナカイさんの魅力を多くの人に知ってもらいたい」と話している。

 要予約で入場料は一般1000円、中学生以下無料。要予約。当日はマスクの着用が必要。予約、問い合わせは相馬さんTEL080・2840・4443

>わんこがつなぐ世界と秋田

わんこがつなぐ世界と秋田

モフモフした毛並みに、つぶらな瞳、くるりと丸まった愛らしいしっぽ。たくましい身体を持ち、飼い主に忠実な性格でも知られる秋田犬は、今や世界中の人気者です。海外での飼育頭数は増え続け、本場の秋田では観光振興に生かそうという動きも活発化してきました。秋田魁新報は「秋田犬新聞」と題し、国内外のさまざまな情報を発信していきます。秋田犬を通して世界と秋田をつなぐ―。そんなメディアを目指していきます。

CTR IMG